交通事故

交通事故の被害者にとってお得な弁護士費用特約とは?

交通事故の被害者にとってお得な弁護士費用特約とは?

交通事故はもちろん、それ以外のどんな案件でも、弁護士に相談や依頼をすると「弁護士費用」を支払う必要があります。

特に交通事故においては、いわゆる「もらい事故」で、自分に非がなくても弁護士に依頼せざるを得ない場合があります。
そうなってしまうと、どうにも納得がいかない気持ちになるでしょう。

そんなときに便利なのが自動車保険に付けられる特約の一つ、「弁護士費用特約」です。

1.弁護士費用特約とは

自動車保険に付加できる「特約」の一種で、交通事故に遭った場合、それに関連する弁護士費用を最大300万円程度まで保険会社に負担してもらえる、というものです。

最近では多くの保険会社がこの特約を取り入れており、中には自動車保険に加入すると自動的にこの特約が付帯するという保険もあるようです。

弁護士費用特約は通常、自動車保険の被保険者だけでなく、「被保険者の同居の家族」も対象になります。
夫が被保険者となっている弁護士費用特約を、配偶者や同居の子が巻き込まれた交通事故に関して利用することも可能というわけです。

自分がその特約をつけているかどうかは、自動車保険の保険証券を確認するとすぐに分かります。

2.弁護士費用特約を利用できない場合

「被保険者以外の同居の家族も使える」という点では非常に便利な弁護士費用特約ですが、被保険者本人の事故であっても利用できない、ということもあります。

例えば以下のような場合です。

(1) 交通事故以外の事件の場合

基本的に自動車保険に付帯している弁護士費用特約は、交通事故関係の事件でしか利用できません。

例えば、「被保険者が相続の問題で弁護士に依頼した」などの場合は交通事故と関係ありませんから、弁護士費用特約は利用できません。

ただし、会社や特約の内容によっては交通事故以外でも利用可能な場合があります。

保険証券や約款を確認し、不明点があれば保険会社や代理店に確認してみましょう。

(2) 被保険者の過失が非常に大きい場合

弁護士費用特約は交通事故で利用できる、と書きましたが、交通事故であっても「被保険者の過失が非常に大きい場合」は利用できません。

<例>
・飲酒運転
・無免許運転
・その他粗暴な運転(あおり運転など)

これらは明らかに被保険者の過失が重大ですから、弁護士費用特約は利用できません。

ただし、「被保険者にも過失がある」という程度であれば利用可能です。

3.弁護士費用特約のメリットとデメリット

(1) 弁護士費用特約のメリット

①交通事故についての弁護士費用の負担が0円になる

まずは「弁護士費用の負担がなくなる」という点がなによりのメリットです。

通常、弁護士への「法律相談料」の平均は30分で5,000円程度です。
また、「報酬金」や「着手金」は事務所や弁護士によって異なりますが、「得られた損害賠償額の10~20% + 着手金(もしくは報酬金)」という設定のところが多いようです。

弁護士費用特約を利用すると、上記の法律相談料も弁護士費用も、上限を超えなければ基本的にすべて保険会社負担となり、自分の負担はなくなります。

例えば、弁護士費用特約なしで依頼した場合、解決後に「相手から得た損害賠償額-弁護士費用」が手元に残ります。
一方、弁護士費用特約を利用した場合、「相手から得た損害賠償額」がそのまま自分の手元へ入ります。こう考えると大きな違いです。

なお、多くの場合、弁護士費用特約における法律相談料の負担上限は10万円程度、弁護士費用の負担上限は300万円程度です。弁護士費用が上限を超えた場合は、超えた部分はご自身での負担になります。

②早期解決や示談金の増額が期待できる

弁護士費用特約に入っていると、弁護士費用の心配をする必要がなくなります。

そのため、弁護士に相談・依頼をする心理的ハードルが下がり、気軽に弁護士事務所の門をたたくことができます。

結果的に早期解決や示談金の増額が期待できると言えるでしょう。

③自動車保険の等級はそのまま

「自動車保険を利用すると等級が下がって保険料が増す」と思っている人も多いようですが、多くの場合、弁護士費用特約を利用しても自動車保険の等級に影響はありません。

(2) 弁護士費用特約のデメリット

弁護士費用特約のデメリットは特にありませんが、しいていえば「通常の自動車保険金額に特約料を上乗せする必要がある」という点でしょう。

特約料は保険会社によって異なりますが、2,000~3,000円/年くらい(約167~250円/月)で設定されていることが多いようです。

しかし、もらい事故に遭って弁護士費用が数十万円必要になる可能性を考えると、「特約料は大きな負担ではない」といえます。

4.交通事故の場合は弁護士費用特約を積極的に利用すべき

交通事故は、自分がどんなに気をつけていても「巻き込まれる」という可能性が必ず存在します。
「駐車している間に別の車にぶつけられる」「コントロールを失った車が歩道に突っ込んでくる」などです。

交通事故に巻き込まれる、というだけで理不尽なのに、ましてや弁護士費用の負担が増えるなんて、まさに泣きっ面に蜂です。

そんな悲しい事態を招かないためにも、弁護士費用特約には必ず入っておくことをお勧めします。

毎月コーヒー1杯程度の金額を負担するだけで、理不尽な事故における「お金の心配」をしなくて済むようになります。
費用の心配なく早めに弁護士に相談や依頼をすることで、結果的に早期解決や示談金の増額に繋がることも多くあります。

これを機に、ご自身やご家族の自動車保険証券の特約欄を確認してみましょう。

また、弁護士費用特約を利用しての法律相談を希望される場合、事前に保険会社および当事務所へその旨をお伝えいただけるとその後スムーズです。

泉総合法律事務所でも、弁護士費用特約をご利用いただけます。
また、当事務所では弁護士費用特約の場合はもちろん、それ以外の場合でも初回相談が無料となっております。

交通事故に遭われた方は、どうぞお早めに当事務所の弁護士にご相談ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-801-583 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-801-583
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ