債務整理

自己破産後の生活とクレジットカード

自己破産後の生活とクレジットカード

自己破産することによって借金が解決したとしても、以前とまったく同じ生活に戻れるとは限りません。
破産した人にはある程度の制限が発生します。

この記事では、その制限の中から、「ブラックリスト」による「クレジットカード」の扱いについて紹介していきます。

自己破産すると掲載される「ブラックリスト」とは、どのようなものなのでしょうか?
そして、ブラックリストは生活にどのような影響を及ぼし、それによりお手持ちのクレジットカードはどうなってしまうのでしょうか?

本記事で詳しく解説します。

1.自己破産とブラックリスト

(1) ブラックリストとは

よく「自己破産をするとブラックリストに載ってお金を借りられなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりする」などと言いますが、そもそもブラックリストとはどのようなものなのでしょうか?

実は「ブラックリスト」と言う名前のリストはありません。単なる俗称です。

銀行やローン会社、クレジットカード会社等は、それぞれ顧客情報を持っています。
その顧客情報は「信用情報機関」という機関に集められて、加盟している団体の間で共有されます。

もし自己破産をした場合、その情報も信用情報機関に集められて、加盟している団体がチェックできる状態になります。

加盟団体はお金を貸すときやクレジットカードを作るときに、信用情報機関に問い合わせて、お金を貸す相手の情報をチェックします。

もしその人物が自己破産していた場合、「この人物は返済能力に問題がありそうだ」と判断して、取引を控えるようになるのです。

これがいわゆる「ブラックリストに載った」状態です。

つまり、「信用情報機関に自己破産等の情報が記載され、金融機関等との取引に制限がかかるようになった」状態が、世間一般に言われる「ブラックリストに登録された」状態と言えるのです。

(2) ブラックリストに載ったことによる悪影響

それでは、ブラックリストに載るとどのような事態に陥るのでしょうか?

A.クレジットカード

まず、ブラックリストに載っている状態でクレジットカードの申込みを行っても、審査に落ちてカードが作れないケースが大半です。

絶対にカードを作れないわけではありませんが、よほど審査の甘いカード以外は申込みを断られるため、選択肢は非常に限られると考えた方がいいでしょう。

また、現在使用中のカードも利用できなくなる他、全く使用していなかったカードの更新にも応じてもらえなくなります。カード会社は、カードの更新時にも信用情報を確認するためです。

B.各種ローン

住宅ローンや自動車ローンを利用しようと申し込んでも、ほとんどの場合は審査に落ちて融資を断られてしまいます。

C.保証人

借金やローンの審査は連帯保証人にも及びます。
ブラックリストに載っている人が連帯保証人になろうとすると、ローンの審査に落ちてしまうことが一般的です。

債権者は債務者が支払不能になった場合に保証人から債権の取り立てを行います。
そのため、ブラックリストに載っている人が保証人だと「この保証人は返済能力に問題がありそうだ」と判断し、別の保証人を用意するように要請することが多いのです。

「自分はブラックリストに載っているから配偶者の名義で住宅ローンを契約し、自分は保証人になろう」と考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、自分は保証人になれない可能性が高いことに注意してください。

この他にも、ブラックリストに載っていると、家賃の支払いにクレジットカードが必須な賃貸住宅の契約や、携帯電話の本体料金の分割払いの際に悪影響が出る可能性があります

【ブラックリストから情報を削除したい場合】

一度ブラックリストに載ってしまったら、残念ながら基本的には「待つ」しか削除の方法がありません。大体5~10年程度でブラックリストから情報が削除されます。
削除されればクレジットカードを作ることもローンを組むこともできるようになるので、かつてと同じような生活を送ることができます。

なお、ブラックリストに載る理由は自己破産だけではありません。何らかの債務整理をすればブラックリストに載ってしまいますし、クレジットカードの支払いを何ヶ月か滞納した場合もブラックリストに掲載されます。

ちなみに、ブラックリストに載っているかどうかを調べるには信用情報機関に「開示請求」というものを行う必要があります。信用情報機関は以下の3つなので、それぞれ心当たりがあるところに開示請求を行ってください。

・銀行や信用金庫……全国銀行個人信用情報センター
・クレジットカード会社や信販系……CIC
・消費者金融……JICC

2.クレジットカードの代わりの方法

最後に、自己破産後もどうしてもクレジットカードを使いたいという人のために代替策を提案します。

以下の方法を取ることで、クレジットカードのまったく同じ使い勝手ではありませんが、不便さがかなり軽減されるはずです。

(1) 家族カード

ファミリーカードとも言います。本会員の家族は基本的に無審査で使えるタイプのクレジットカードです。

安定した収入のある家族に本会員となってもらえば、原則的に本会員とその家族は同等のサービスを受けることができます。

ただし、カード会社によって若干の違いも見られるので、契約する家族カードはよく考えて選んでください。

(2) デビットカード

家族カードを契約してくれる家族がいない人でも持てるカードです。

デビットカードを使うと、利用した料金が即座に口座から引き落とされます。
口座残高以上の利用はできないので、無駄遣いや借金を防止することができます。

ただし、分割払いには対応していませんし、電気代等毎月の支払いにも対応していないことがあります。

しかし、ネット通販には使えますし、ポイントも付くため、通常のクレジットカードにかなり近い使い勝手を味わえるはずです。

(3) プリペイドカード

デビットカードは後払いですが、こちらは先払い式のカードです。

デビットカードと似たような特徴を持っていますが、先払い式なのでお金の使いすぎを防ぎたい人にはピッタリかもしれません。

3.破産を恐れず弁護士にご相談ください

ブラックリストに載りたくない・クレジットカードを使えなくなるのは嫌だからといって自己破産を避けていると、いつまで経っても生活は苦しいままです。

確かに、クレジットカードがない生活では様々な不便を強いられますが、その不便を解消する方法は存在します。

借金問題を解決しないまま苦しい日々を送ることこそ避けるべきでしょう。

まずは目先の生活のことを考えて、弁護士に自己破産のことをご相談ください。
弁護士は借金問題の解決について様々な情報・スキルを持っているので、きっと力になってくれるはずです。

熊谷市、深谷市、行田市、羽生市、東松山市、滑川町など、高崎線沿線にお住まい、お勤めの方は、泉総合法律事務所熊谷支店の弁護士にぜひ一度ご相談ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-801-583 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-801-583
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ